HOME > コラム > スキンケアについて > 手はガサガサなのに、ハンドクリームはべたつく?

手はガサガサなのに、ハンドクリームはべたつく?

さいたま市北区 ナチュラル・オーガニックエステ×メイクレッスンでハッピーなお顔デザイン
クレッセンス松澤真由美です。

今回は、乾燥が進むと起こりやすい「困った!」を解決する方法をお伝えします!

 

カサカサなのに、べたついてしまうわけ

丸矢印緑手の乾燥が気になっても、べたつきが気になって何もぬれない…。

丸矢印緑ハンドクリームってべたつくから嫌い。

丸矢印緑ハンドクリームが合わないのかな?

乾燥が進んでしまうと、保湿しようと何かつけても
べたついてしまっているのに乾燥は改善していない状態になることがあります。

 

そんなときは、

手肌がうるおいを保つ力を忘れてしまって、
「これ以上うるおいがなくなったら大変!」と守りに入った状態。

ハンドクリームなどのうるおい補助を拒絶してしまう状態かももしれません…!

 

うるおい補助を受け入れられる状態を作ってみましょう。
お風呂上がりなど、水分でお肌がふやけているときにハンドケアができたらベストです。

水分を含んで・あたたかい状態にするのがポイント!

肌表面のこわばりが緩むので、
ハンドクリームなどのうるおい補助が効果的に働きやすい環境をつくることができます。

 

 

お風呂上がりに時間がとりにくい。
冷えがあるから、暖まらなくて…。

 

そんなときは、「ながら」ハンドケアをぜひ!

何かをしながら、作業中にハンドケアができます!
すきま時間有効活用!お手軽・ながらハンドケア

しかも、肌のかたさが強くなっていても、綿の手袋で手を保護しますので、
べたつきはもちろんありません。

手袋をしている分、指先の繊細な動きが減ってしまうかもしれませんが、
時間が有効活用できますし、
作業中に触るいろいろなものにもハンドクリームなどをつけてしまう心配もありません。

 

次回は外出時でもしっとりべたつかないハンドケアのご紹介をしますね^^

 

 


お気軽にお問合せください