HOME > コラム > スキンケアについて > 春の肌トラブル別改善法【しわ・たるみ改善編】

春の肌トラブル別改善法【しわ・たるみ改善編】

さいたま市北区(大宮から一駅)
ナチュラルオーガニックフェイシャルエステ×整体×メイクレッスンで
「形・質・色」全方向から健やかきれいを叶える
プライベートフェイシャルサロン クレッセンス松澤真由美です。

 

先日の記事で冬から春に向けて気を付けておくとよいことをまとめました。
まだまだ寒いけどもうすぐ春!美肌育成に大切な3つのこと

では、いざトラブルが出てしまった時はどうしよう?!

タイプ別に改善方法をまとめてみます^^

トラブルの出方は大きく分けて3タイプ

もちろん複合タイプや区別しにくいこともありますので、
「私はどれだろう?」と思ったらプロに肌を見てもらうのが良いと思います^^

今回は「しわが深くなった?」しわ・たるみ改善編を書きます。

しわ・たるみは肌のハリのなさで起きる!

冬の間はかさかさ。
少し暖かくなってカサカサはちょっと気にならなくなってきたけど…
なんだか肌にハリがない…?

そんなあなたは、エイジング対策をしてみましょう!

冬の気候で肌体力が落ちている?

冬の空気の乾燥・気温の低さなどによって、
身体もお肌もいろいろな影響を受けています。

またこの自作イラストでお話します^^;

前回の春の敏感肌改善編
肌の表面が乾燥するお話をしました。

 

それに加えて、
気温の低さや身体に冷えが溜まることによって
血行が悪くなると…

肌に栄養を運んでいる毛細血管の働きが弱くなります。

上の赤丸のところです。

 

毛細血管は、肌のハリを支えている
真皮というところまで来ています。

 

真皮と言えば!コラーゲン・エラスチン。


コラーゲンは上のイラストだと網の目になっている部分。
肌を支えているところです。

エラスチンはコラーゲンに絡みついて
スプリングのように弾力をつかさどっています。

黄緑の楕円のような細胞は
コラーゲン・エラスチンを作る線維芽細胞です。

 

毛細血管が冷えによる血行の滞りで
肌の栄養を運びにくくなると、栄養不足によってうまく働きにくくなって…

コラーゲン・エラスチンが弱くなってハリのなさにつながります。

 

肌体力が落ちることによっても、
しわ・たるみは起こるのです!

 

春に向かって、しわ・たるみを改善するには?

乾燥ケアと・冷え抜き!

肌が乾燥すると、そもそもしわが出やすくなりますから
乾燥ケアは必須です!

肌に合った保湿でしっとりなめらかな肌に整えておきましょう^^

 

それに加えて
肌にしっかり栄養が届いて、細胞が元気に働くように
身体の冷えはしっかり抜いておきましょう。

お風呂やカイロ、防寒、温かい食事や飲み物など
身体を温めることは気温の変化に合わせて冬に引き続き行ってくださいね。

 

エイジング対策のスキンケアを取り入れる

スキンケアではエイジングケアができるものを取り入れるとより良いです。

真皮を元気にして、
肌を支えているコラーゲン・エラスチンを丈夫でしなやかな状態にできるように整えておきましょう^^

紫外線対策も忘れずに!

紫外線によって
コラーゲン・エラスチンが傷ついたりもろくなってしまうことはご存知でしょうか?

日焼け止めなど、紫外線から肌を守ることも忘れずにしてくださいね^^

 

まとめ

冬から春にかけて

乾燥と血行の悪さになどで肌が栄養不足になると
肌のハリが低下してしわ・たるみが進行します。

  • 乾燥ケアと冷え抜き
  • エイジング対策のスキンケアを取り入れる
  • 紫外線対策

上記3つのことに気を付けていきましょう。

ハリの低下を食い止めて

ピン!とハリがあって
プルンと弾力のある引き締まったお肌にしていきましょう!

 

 


お気軽にお問合せください