HOME > ブログ > お仕事のこと > ふわっと、さらっと。お肌に寄り添います

ふわっと、さらっと。お肌に寄り添います

さいたま市北区 大宮から一駅日進のお顔専門サロン
クレッセンス松澤真由美です。

 

エステではさまざまな「道具」に支えてもらっています。
いちいちこだわりを持って選んでます(笑)

なんといっても、「相棒」ですので♪

今回は相棒のひとり(?)タオルのことを書いてみたいと思います。

 

タオル。
お客さまのお顔に直接触れるタオルですので、いろんなことに気をつけています。
その中でも特に気をつけているのは2つのことです。

 

まず、タオルの「安心感」
当サロンには敏感肌でお悩みのお客さまが多くお越しいただいています。
ですので、タオルが一定時間肌に直接触れること、くるまれた時の安心感を大切にできたらと思っています。

 

そのため、特に洗濯方法に気をつけています
洗濯方法についてはこの記事で「なぜ気をつけているか」を書いてます^^

柔軟剤は使わずに洗濯しているので、しっとり・ふわふわというよりも「さらっと」した洗い上がりのタオルたちです^^

 

どうしてもオイルを使うため、定期的にタオルを入れ替えています。
国内で丁寧に作っているタオルメーカーさんから購入しています^^

上の写真は、入れ替えたばかりのまっさらなタオル^^

なんだか嬉しくて写真撮っちゃいました^^

 

もうひとつのこだわりが、「結果を出すためのタオル」であること。

タオルはエステでお客さまのお顔に良い結果を出すための「道具」であり、施術者の私の「相棒」です。
結果を出すために、お客さまのお肌に「きちんと働く」ことと、私の使い勝手も重要です。

 

お顔を蒸すためのホットタオルも数種類のタオルで使い分けています。
さらに、お客さまの肌質によっても実は使い分けています。

ちょうどよく蒸すことでエステの施術結果が格段に良くなります。


そのため、「蒸し具合」「肌への当たり具合」を調整するためにも、
自分自身のタオルテクニックはもちろんのこと、それに加えてタオルの厚みや質感が大切だからです^^

そのために、繊維の細さやふわふわの「ループ」部分の長さだったり、タオルの織りの密度、タオル本体の幅や長さによって、複数「ホットタオル用のタオル」を用意しています。

 

準備の時に、お客さまのお顔を思い浮かべながら使用するタオルもそれぞれ選んでいます。
明日もがんばろうね!とひそかに願いながら…
あやしさ満点ですね(汗)
でも、大切なお客さまのお肌に触れるものなので、そこはやっぱり…♪

 これは出張エステの際に準備したタオル。
このほかにもベッドに敷く大判のタオルやお着替えのタオルなども用意します。
なぜ炊飯器があるかは…「面白い!!」とお声をいただいたので、また別の機会に書きますね!

 

実はオーガニックコットンであることにはこだわらずに選んでいます。
ナチュラルオーガニックエステなのに?と言われてしまうかもしれませんが…^^;

 

最初はタオルの素材に関してもオーガニックであったらいいなと思っていましたが。。。
タオルメーカーさまとのやりとりで、考えが少し変わりました。

直接お話しさせていただいたり、メールで何度もやり取りさせていただいたりするなかで、「タオル愛」をひしひしと感じて…^^
ジャンルは違えど、同じように「こだわり」を持ってつくられているタオルを使わせてもらえていることに、私自身とても力をもらっています^^

 

もちろんオーガニックコットンの良さもあるんです。
メーカーさまにもオーガニックコットンの取り扱いがない訳ではないのです。

 

ただ、たくさんの選択肢の中から、「エステの結果をいかに高めることができるか」だけに注力して選ぶことにしたんです^^
それも、「タオル愛」にあふれたメーカーさまのお力をお借りしてできたこと。

本当にありがとうございます!

 

お客さまからも

「なんか、気持ちいいんですよねー^^」
「タオル変えました?いつもよりもさらにふかふかだから^^」

なんてお声もいただいているタオルたち。

新調すると、すぐに気付かれる繊細な感覚のお客さまも^^

 

 

安心感を大切にしながら、エステの結果重視で選んでいるタオル。

サロンで静かにお客さまをお迎えいたします♪

 

 


お気軽にお問合せください