HOME > コラム > スキンケアについて > あなたのお顔、好きですか?

あなたのお顔、好きですか?

こんにちは!
メイクしながら肌をきれいにできる毎日をサポートするサロン クレッセンス松澤真由美です。

 

突然ですが、
あなたは自分のお顔、好きですか?

ハイ^^とお答えの方、素敵ですー!

まぁ、いいかな。
嫌いじゃないよ。
そんなお答えも、ステキです^^

いや、好きじゃないよ。
嫌い。
そんなお答えの方も、いらっしゃるかもしれません。

 

自分のことを認めると言ったって。
自分のことを好きになると言ったって。
なかなかそんなこと、難しいよね…。
だって、嫌いだもん。

 

性格などでもあると思うのですが、
自分自身の容姿についても、認める・認められないってありますよね。

認められないとか、受け入れられないとか。
マイナスにとらえていることって、「コンプレックス」と言われていますよね。

 

何を隠そう(?)
私自身、顔についても、「コンプレックス」の塊でございました^^;
いやはや、お恥ずかしい限りです…。

 

欠点ばかりに目が向いてしまって、
「私はダメだ、ひどい顔だ」って勝手に決めていたんです。
自分自身で。
悪く言ったらきりがなく、いいところは?と聞かれてもたぶん答えられませんでした。

子ども時代に容姿をからかわれたこともたくさんあって、
コンプレックスから脱却したくて飛び込んだ化粧品業界でも
「あなたの顔は地味だから、人の1.5倍はメイクしないとダメよね」
そんな風に上司からも言われ、
「ああ、やっぱりダメなんだ」を勝手に積み重ねました。

 

自信の無さや、あきらめって、表情にも出てしまうんですよね。
きっと、私もコンプレックスにさいなまれているとき、ひどい表情をしていたのだろうな…。
そんな顔で人と会っていたのだろうな…。

今考えると、
なんて相手に対して失礼な人だったんだろうかと
なんとめんどくさい人だったのだろうかと
穴があったら入りたくなる気持ちです…_| ̄|○

 

そんな私が変わっていくきっかけになったのは
印象を変えるメイクテクニックを学んでからでした。

メイクで印象を変えるわけなのですが、
不思議なことに、学べば学ぶほど、「良さを引き出すメイク」になっていくんじゃないか?
そんな風に思ったんです。
コンプレックスを隠したくて、隠したい部分を必死で隠すと
何だかメイクが厚くなったり、不自然な感じになることに違和感を感じていた私にとって、
目からうろこに近い衝撃がありました。

実際、お客さまのメイクレッスンに入らせていただくと
特にそう感じます。

 

言葉がうまく見つからないので、
この動画を見てみてください。

この動画を始めてみたとき、涙が止まりませんでした。

 

自分自身が思っている顔
人から見える顔

全然違うこともあるんですよね…!

 

自分が思っているよりも、美しさがちゃんと備わっている。

認めていくことができたら、

自分の素顔が好きになれる
そんな気がしませんか?

 

エステティックって、そんなもともと持っている本来の美しさを引き出していくもの。

メイクも、美しさを引き立てていくためにするもので、
決してコンプレックスや自己嫌悪を隠し続けるものではない。

私はそう思うんです。
そして、美しさをサポートする仕事をさせていただいている私は
なんて幸せ者なんだろうか!
改めて気付きました。

 

コンプレックスをなかったことにしたり
あきらめたり、投げやりになったりするのも、
隠し続けたりするのも、もう辞めませんか?

 

自分自身に自信を持って毎日を過ごしたいと思うように。
お顔にも、表情にも、自信を持っていきませんか?

 

親しい友人にどう見えるか聞いてみてもいいと思いますし、
本気で変えていきたい!と思うなら、
客観的に見てくれるプロに相談するのもいいと思います。

 

あなたの顔を「いいかも」「好きだな」って思えるようになってきたら、
コンプレックスとさよならできるだけではなくて、
いつもとちょっと違う毎日がやってくるかもしれませんよ^^

 

 

 


ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願いします♪

 


お気軽にお問合せください