HOME > コラム > スキンケアについて > 初秋の「肌やせ」にご用心!

初秋の「肌やせ」にご用心!

朝晩はだいぶ涼しく過ごしやすく、鈴虫など秋の声も聞こえてきましたが、まだまだ残暑厳しい時期ですね。
皆様、夏バテなどされていませんか?
今日は夏の終わりから秋にかけて、お肌のご相談の多いお悩みについて、書いてみますね。

肌やせ??

タイトルにも「肌やせ」と書きました。
初秋のお悩みを総称するとすると…「肌やせ」なのではないかな…?とクレッセンスでは考えています。
そもそも、お肌が「やせる」とどういうことが起きるのかというと…。

乾燥
⇒うるおいをキープして肌内部を守る角質層(角層)が「やせる」
ざらざら・ごわごわ
⇒乾燥と肌の新陳代謝リズムが乱れることで「やせる・しなやかさの減少」
小じわ
⇒肌表面が「やせる」ことで紫外線ダメージを受けやすく、ハリ弾力が低下しやすくなる
くすみ
⇒肌が「やせる」ことと、血行の滞りで肌色が暗くくすんで見える

などなど…。
身体が暑さと冷房などでの気温差・冷たい飲み物や食べ物等の摂取による内臓の冷え・疲れなど…。
身体内部の疲労と、紫外線や気温での外部からのダメージ。
「肌やせ」はこんな夏の環境によって、起きやすい状態なのです。

身体には余分な脂肪はつけたくありませんが…
お肌は、うるおいがあって、ぷるんとハリ弾力があるのが、一番です☆

夏の終わりの肌養生

夏は、「湿度」という観点でみると、乾燥をケアするためにはいい肌条件です。
汗と皮脂の増加で一見表面が潤って見えるので…
適切な保湿が実はしにくい状態にもなります。
「肌やせ」状態になると、うるおいも抱え込みにくく、逃げやすい「乾燥スパイラル」に陥りやすいので、肌状態にあった適切な保湿と、夏バテの身体の疲労をとってあげるケアがとっても大切になります。
身体が元気だと、もちろん肌も元気になる力が出ますので^^
身体がバテてきたかな?…と思ったら、特に肌が気にならなかったとしても、お手当てすると、違います。
夏の間に肌体力をキープ、あげてあげると、アンチエイジングするのに絶好の季節、秋にお肌をよりみがくことができますよ♪
先手の予防が、とっても効果的なのですね!

今すぐできる肌養生

夏バテと肌やせは連動して起きてしまいやすいので…。
まずは、夏バテ予防の身体づくりで肌やせ予防をしてみませんか?
食欲も起きにくく、まだ暑いので、冷たい飲み物が欲しくなりますが…。
ここは、ぜひあたたかい飲み物をこまめにとってみてください。
常温でも大丈夫です。
内臓があたたまると、内臓機能も元気になります。
「内臓の鏡」とも言われている肌を食べ物・飲み物からもいたわることができます。
サンダルなどで足を露出する機会も多いので、冷房などの影響もあり足が冷えやすくなります。
シャワーだけでなく、できたら入浴もぜひ。
浴槽が大丈夫なら、お塩をいれると、ポカポカ芯から温まって、身体が軽くなるのを実感していただけると思います。
のぼせやすい方はぬるめのお湯で出たり入ったりの反復入浴で徐々にあたためるのがおすすめです。
あたたかく、巡りの良い身体は肌にもいいことがいっぱい。
身体も元気でお肌も元気なら、言うことなしです!

ちょっとの工夫の肌養生
身体を内側からあたためて内臓と巡りケア
お肌状態にあった適切な保湿

コラムのライン黄色

肌状態により、適切な保湿も変わってきます。
今のお肌状態を知りたい、適切な保湿って?
そうお悩みの方はぜひクレッセンスにご相談ください。
エステメニューのご提案も可能ですし、施術やレッスンでご来店の際にはバイオラブ無料スキンケアカウンセリングも受けたまわれます。
これは、スキンケアレッスンの主要な内容が込みのお得なキャンペーンなので、ぜひご利用くださいね!

秋の過ごしやすい時期に、お肌も身体も元気に楽しく過ごしましょう♪

 


ブログランキング参加中!良かったら応援クリックお願いします♪


お気軽にお問合せください