HOME > コラム > アロマ・自然療法について > アロマテラピーの底力

アロマテラピーの底力

アロマってなんですか?
お客様から良くご質問いただく内容です。
植物の恵みであるアロマテラピーの恩恵について少し書かせてくださいね。

アロマは「いいにおい~♪」だけではありません

「アロマ」という言葉はよく耳にされる方も多いと思います。
アロマテラピー自体は芳香療法という意味で、植物の恩恵を香りからも香り以外からもいただく自然療法のことです。
私も、化粧品やエステからアロマテラピーの魅力に取りつかれて学んだはしくれとして、実はこれはお伝えしたい!と簡単ではありますが、かいつまんで書かせていただいてます。
香り自体は鼻から取り込まれて脳に信号で送られます。
嗅覚は脳の奥深く、大脳辺縁系と呼ばれるところにダイレクトに伝わります。
香りをかぐと記憶と結びつき、「この香り懐かしいな」と思いだすことが多いのはこういう理由があるのですね。
しかも、香りによって「快」と感じると、身体の自律神経とばれているオンとオフのスイッチがしっかり働いて、身体自体がメリハリよく働けたり休めたりするわけです。
香りには大きな力があるんですね。
しかも、植物から抽出された「精油」がアロマテラピーの真髄。
精油は適切な濃度で肌に使用すると、肌機能を正常に整えてくれる力も持っているんです!
なので、「精油」はしっかりとしたメーカーの上質な物を使ってあげてくださいね。
皮脂バランスを整えてくれる精油
血流を促してくれる精油
抗菌効果の高い精油
肌のハリに働きかける精油などなどいっぱいあります。
肌状態にあわせて使っていくと…。
香りからの脳・身体へのアプローチと肌へのアプローチも3つ以上の恩恵があるということなんです!

自然治癒力をサポートするのも得意です

先程のように人のあらゆる部分に働きかけるアロマテラピーは身体もお肌も自然治癒力を高めていくことにとっても助けになってくれます。
クレッセンスのエステではこの部分を最大限にお客様にお届けできるよう施術させていただいています。
しかも、エステだけではありません^^メイクもなんですよ!

バイオラブ デマキャン エクラクレッセンスの取扱商品のバイオラブはアロマテラピーもハーブの力も植物の恩恵をいっぱい受けた化粧品。
香りも人工の香料でつけたわけではなく、肌に・こころに働きかけるよう製品の一部として使われています。
なので、香りがすべてひとつひとつ、違うんですよ。
特にクレンジングミルクのデマキャンエクラは肌を整え、アンチエイジング力を育てるために良質の植物オイルと植物エキス・精油でできていて、香りも良く、肌の明るさを引き出すことが得意です。
一度使うと手放せないというお客様も多い人気アイテムです。
もうひとつ、メイクアイテムのナチュラグラッセも植物と鉱物による自然の色で色調を表現していて、香りも、肌アプローチによって配合されています。
自然治癒力を引き出し、総合的に肌の力を高めていくクレッセンスではなくてはならない相棒です。

 


ブログランキング参加中!良かったら応援クリックお願いします♪


お気軽にお問合せください