HOME > コラム > スキンケアについて > 「涙型」毛穴のお手入れ

「涙型」毛穴のお手入れ

さいたま市ナチュラルオーガニックエステ×メイクレッスンで美肌育成
クレッセンス松澤真由美です。

 

前回【ある日のエステ記録】で実際の当サロンで行っている完全カスタマイズのフェイシャルエステをご紹介しました。

鼻の毛穴と頬の毛穴

 

今回は、お悩みがなぜ起こっているか、毛穴のお悩みに対するご自宅でのスキンケアについて、実際アドバイスさせていただいた内容を含め、ご紹介していきたいと思います^^

 

毛穴のお悩みはひとつではありません。

毛穴は肌にとって、なくてはならないものです。

「なんで?理由が知りたい!」と思われた方は、ぜひサロンにお越しくださいね^^

ですが、時に目立ってくると気になってしまう「厄介者」になってしまうことも・・・。

 

毛穴のお悩み
丸矢印緑皮脂のアンバランスなどで毛穴が大きく開いた状態『毛穴のひらき』
丸矢印緑皮脂が詰まって黒ずんだり、白くプツプツと目立つ『角栓』
丸矢印緑『テカテカ』『ぴかぴか』光ってしまって毛穴が目立つ『テカリ』
丸矢印緑鼻の横や頬の毛穴が縦に広がって雫や涙型のように見える『涙型毛穴』

大きく分けて4つあるんです。

 

たるみ毛穴・帯状毛穴とも呼ばれます。

特に、エイジング(加齢)によって毛穴が縦に楕円のように広がっていく毛穴の悩みの事を言います。

原因は、主に肌の奥にある弾力やハリをつかさどっている「真皮層」や皮下組織がゆるんで、たるむことです。

 

弾力・ハリを司るコラーゲン・エラスチン繊維、名前を聞いたことがある方も多くいらっしゃる思います。

コラーゲン、エラスチンが力を失うことによって、お肌の土台がゆるんで、水分も抱え込みにくくなること、肌全体が重力の力でたるみやすくなることによって、毛穴が引っ張られて縦に伸びて開き、目立つようになるんです。

 

雫が「ぽたん」と落ちるように上部が細く、下部が丸くなる「雫」や「涙」のような形に見えることから、「たるみ毛穴」「帯状毛穴」と呼ばれるんですね。

 

コラーゲンとエラスチンの力を立て直そう

肌の土台を支えている「真皮層」
コラーゲンやエラスチンによって支えられて、ヒアルロン酸などで満たされています。

「ぷるん」とハリのある肌のために必要なことを取り入れることが、大切です。

日常ご自宅でのスキンケアによる十分な保湿(特に水分保持力アップ)はもちろんのこと、コラーゲンやエラスチンを守り、立て直すプラスアルファのお手入れが効果を発揮していきます。

ご自身のやりやすい方法をぜひ見つけてくださいね!

 

抗酸化ケアが大事です。

コラーゲン・エラスチンも、疲れで「錆びて」、「もろく」なってしまうんです。
ですから、「抗酸化」は身体だけでなく、お肌にとってもとっても大切なんですよ。

お食事に気をつけられるのであれば、抗酸化ビタミンの宝庫、緑黄色野菜を取り入れること。
肌のコラーゲン・エラスチンを効果的に修復しやすいようたんぱく質も一緒にとりいれるといいですね。

 

疲れをためないこと、ストレスを解消できることもとっても大切です^^

 

スキンケアでは、「抗酸化ビタミン」を補えるものや、コラーゲン・エラスチンを修復することを助けてくれるアイテムを選ぶといいです。

複合的にエイジングのケアができる化粧品などもありますから、ご自身に合ったものを選んで、丁寧に使ってみてくださいね!

 

ご自身にあったお手入れはどうしたらいいかな?
と思われたら、
当サロンではこのようにお役に立てます。

毛穴改善!トータルアプローチで気にならなくなる道筋づくり
丸矢印緑トータルフェイスデザイン

 

 


お気軽にお問合せください