HOME > コラム > スキンケアについて > ファンデーションは肌に悪い?

ファンデーションは肌に悪い?

こんにちは!
メイクしながら肌をきれいにできる毎日をサポートするサロン クレッセンス松澤真由美です。

 

一気に秋の風情ですね。
のどの痛みや咳など、体調は崩されていませんか?
お肌も、急激な気温変化で一気に突っ張ったりしやすくなります。
気候的には過ごしやすいですし、なんとも言えないですが…。
もう少し、穏やかに秋に移行していってほしいなーと
ぼんやり思う、今日この頃です。

 

お客さまとお話ししていると、良くおっしゃるフレーズがあるんです。
「ファンデーションって肌に悪いから、あんまり塗りたくないんだけど…」
「ファンデーションを塗ると肌状態が悪化するの…」

あなたも、そのように感じたことはありますか?

 

私自身も目から下がニキビだらけだったことがあるので…。
隠さないと目立って嫌だけど、がんばって隠すと何だかひりひりする、メイクを落とした時の肌にショックを受ける…。
そんな経験をしたことがあります。

実際肌状態が弱っていたりすると、
ファンデーションを塗ることによって痒みがより強くなったり
ニキビが悪化したり
ざらざら・ごわごわの肌触りになりやすくなることも、あります。

 

それは、お洋服でたとえるとすると、
冬に乾燥している肌に、じかに化繊の下着を身につけるようなイメージです。

乾燥していなければ特に問題は無いかもしれないけれど、
やたらかゆくなって掻き壊してしまう要因の一部になることも…。

 

そんな弱っているときこそ、ファンデーションの出番なんです!

ダメージや肌トラブルをそのまま野ざらしにしてしまっては、
日中の環境ダメージで余計にトラブルを進行させることにもつながりかねません。
ダメージから肌をしっかり守ってあげましょう!

 

ファンデーションはファンデーションでも、
悪いもの⇒良いものに^^変える方法がありますよ!

・弱った肌をしっかり守れる力のあるものを使うこと
・お肌状態にあったものを使うこと
・肌状態に合わせた使い方をすること

この3つがポイントです!
どれが欠けても、日中がんばる肌を守り続けて
元気な状態に整えるためには足りなくなってしまいます。

この3つポイントをマスターしていくことで、
ファンデーションは悪いものではなく
あなたの日中のお肌を守り、
サポートしてくれる力強いパートナーとなってくれます。

 

先程のたとえ話で3つのポイントをお話しするなら、

・痒くならない木綿などの天然繊維でできた下着
・身体にフィットした形の下着であること
・身体を無理に締め付けずに着用する

こんなイメージだと思っていただけるといいと思います。
上の画像は、竹の繊維でできたタオルです。
保温・通気性共に優れた気持ちのいい肌触りなんですよ(^^)

 

3つのポイントのうち、下の2つに関してはおひとりおひとりの肌状態によって違うのでここでお伝えすることはできないのですが…。
最初のポイントはお伝えできるので、ぜひ取り入れてみてください!

 

それは…^^
呼吸ができるファンデーションです。

呼吸?
いつもしてるけど?
肌が呼吸?

はい!
お肌そのものの機能を邪魔することなく、サポートしてくれる力も持っているファンデーションなんですよ^^

 

毎日日中の様々なダメージから身体の内部を守ってくれている肌。
その肌の力をサポートするために、ファンデーションをつけるとしたら、
悪いものではなくなりますよね^ ^

 

ぜひ天然素材由来のナチュラルなファンデーションを選んでみてください。
今少しずつお店でも見かけるようになった、
「ナチュラルコスメ」
「オーガニックコスメ」
「自然派化粧品」
という天然素材由来で丁寧に作られた化粧品です。
保湿だけではなく、毛穴を隙間なく埋めてしまったり、
びしっと肌表面に「蓋」をしない、肌が呼吸できるファンデーションを用意していることが多いです。

いろいろなブランドが出てきているので、ぜひあなたにしっくりくるものを探してみてください。
木綿のやわらかい肌触りのように、あなたのお肌をやさしく守ってくれるでしょう^^

 

ファンデーションをつけているのに肌が気持ちいい。
ファンデーションをつけていたほうが、肌の調子がいいかも?

そんなことを感じていただけるかもしれません^^

 

毎日がんばるあなたのお肌にとって、強力な味方にもなってくれるファンデーション。
3つのポイントをおさえて、ぜひ自在に使いこなせるようになってくださいね!

 


お気軽にお問合せください