HOME > ブログ > 思・感・考つれづれ > 背中の粉瘤(仮)、取ってきました!その1(文京区の病院に行ったわけ)

背中の粉瘤(仮)、取ってきました!その1(文京区の病院に行ったわけ)

img_2622-1

さいたま市北区
ナチュラルオーガニックエステ×メイクレッスン
お顔専門サロン クレッセンス松澤真由美です。

 

先日、とうとう(?)取ってきました!
粉瘤を(現時点では【仮】です)!

粉瘤についてはwikipediaをみてみてくださいね。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%89%E7%98%A4%E8%85%AB

 

気付いたのは半年以上、1年以内前くらいだったと記憶しています。
定かではありません…(笑)

背中の肩甲骨のそばになんだかできものがあるのを認識しました。
背中なので自分ではよく見えず(笑)

 

最初はニキビかな?と
知識フル動員でケアしたのですが…
全く改善の気配がなく…

存在を忘れかけたり思い出したりしつつ、
気付くたびに成長し続け、存在感を増すばかり。

 

もしや、これは粉瘤なんじゃなかろうか。
粉瘤ならば専門家に取ってもらうか放置するか、方法は2択。

しばらく放置していました。

 

でも、肩甲骨のあいだにポコッと目立つできもの。
何だかなんとなくだけどいやだなー。

 

取り除いても少しは跡が残ってしまうかもしれない
取らなくてもポコッと凸して目立つものがある
衣類でこすれやすい場所にあるから、色素沈着してしまうかもしれない
炎症を起こして化膿してしまったら、
傷跡はどんどん大きく目立つ可能性があるし、取り除くことも大変になるかもしれない

 

エステにかかわる仕事をしているしていないは関係なく
やはり背中は少しでもきれいな状態でいたいな…

 

女性ですもの、きれいでいたいのです…(笑)

 

 

最近になって、できものが急成長。
周辺にかゆみが出ることが増えてきて
小さくですが炎症を起こすことも…

取ってもらうか否か、
専門家に相談してみよう!

文京区 後楽園駅と春日駅近くのてしまクリニックさんに伺いました。

 

当方の住まいはさいたま市。
なぜ文京区の病院まで行ったかというと…

Facebookでお見掛けしてから
ブログの追っかけをしていたからです…!(笑)

 

きっかけは、湿潤療法。

以前手の甲に大きなやけどをした際に、
湿潤療法で傷跡をほとんど気にならないところまで治すことができたのですが。

やけどした当時は
独学でネットなどをしらみつぶしに調べて自分自身を実験台にしていたのです(笑)

 

もっと早くお会いできていたら、
あれこれ悩まずにご相談できていたのだろうなーと思いつつおりましたので
形成外科領域で何かあったら手島先生にお願いしようと思ったんです^^

 

手島先生のブログに湿潤療法について詳しく書いてありますよ!

 

実は別件で傷の治療経過のご相談をさせていただいておりましたので
思い切って背中のできものについても相談してみまして

たぶん粉瘤かなということで
取り除くことにしました。

 

切除手術です…!(ちょっぴり怖い)

 

つづく。

 

 


お気軽にお問合せください


ご予約状況